ちりめんじわを防ぐにはまず乾燥対策から

ちりめんじわというしわがあります。

笑ったりすると、目のまわりにできるしわのことをこう呼びます。

しわというと、何か年取ったように受けとめられがちですが、このしわは乾燥がもとででき、20代くらいでもできることがあるので、ケアの方法によっては改善することが可能です。

一番の改善方法は、何といっても保湿です。

ふだんからセラミドが配合されたコスメなどを使い、保湿重視のケアをするだけでなく、シートマスクなどで常に肌を潤わせることで、ちりめんじわはかなり目立たなくなります。

目元専用のシートマスクを使うのもいいでしょう。

それから乾燥が主な原因ということは、紫外線にも注意した方がいいということです。

日焼け止めを塗ったり、日傘やサングラスを使ったりして、紫外線から肌を守るようにしましょう。

また、目のまわりを過度にこすったり、刺激を与えたりするのもよくありません。

アイメークのクレンジングの時は、ポイントメーク用のクレンジング剤を使って、コットンに含ませてそっとふき取るようにします。

洗顔やマッサージの時なども、必要以上に目の周りをこすらないように注意しましょう。

それから、食生活にも気をつけたいところです。

特にビタミンA、B、C、D、Eが含まれる野菜や果物、レバー、卵、アボカドなどや、セラミドが含まれるしらたきや大豆、わかめなどをバランスよくきちんと摂るようにします。

そして、ストレスによって発生する活性酸素が原因で、肌が乾燥し、張りを失ってちりめんじわの原因になることもありますので、ストレスをためこまないように気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *